前日の土曜は秋晴れだったけれど・・疲れを癒すことを最優先。

家族とのんびり、そして家のことをしながら・・

日々の話をしながら・・

みんなが我先にと、一斉に日々のことをしゃべってちょっとだけ忙しく・・でもそれが癒し(笑)


走り出す前の過ごし方、走る前日の過ごし方・・

走り出した時には自分が穏やかな状態でいられることが大事。

事故なく、無事に帰ること・・心に余裕をもつ、決して無理はしない。

誰の為に?

もちろん家族のため、自分のMCライフのため。


僕はオンロ-ドに18で乗り始め今まで事故や、攻め過ぎた転倒も経験がない。

厳密に言えば、カタナに乗っていてまだHDを増車する前・・

もう一台のスズキTS200Rで林道を激しく転んだことが一度有ったけど・・


50%・・それ以上の走りはしない。

残る50%はあらゆることの安全マ-ジンに使う。

RIDERによっては「何を物足りないことを」そう言われそうだが・・

その中での楽しみ方はちゃんと在ると思っている。

長く走り続けること、無事に帰ること・・それが一番大事なこと。

心穏やかに、心に余裕を持ちながら・・そうすればきっと風のように走って行ける。



10/14(日曜)8:00走り出す。

これからの山間部は降雪や凍結の心配がある。

峠を越えられるのはきっと、今シ-ズン最後かも知れない。

そう思って国道274を記憶に残したいと思った。


いつも気になりつつも通り過ぎていた夕張川の風景・・

f0362725_13040928.jpg







今日は、橋を通り過ぎてから立ち止まった。

f0362725_13041707.jpg







奇跡的に往来が少ないこの時間・・歩いて戻る。

ゆっくりこの風景をいつか見たい・・ずっと思っていこと。

川の色が綺麗・・山の色が綺麗・・

やり残していたことが、ひとつ叶った。

f0362725_13042702.jpg







いつも登る丘の上・・

空と道の風景がとても綺麗。

MCで登るル-トも確かめてみたけど、僕の相棒では下回りをヒットしそうだった。

やっぱり歩いて登ってみた。相棒を遠くに置きながらも、でも・・

全身で感じるこの風景が気持ちいいんだな。

f0362725_13044245.jpg







石勝樹海ロ-ド・・これから駆け上がって行くよ。

久しぶりのこの道にワクワクしてる。

空いてるし、高速コ-ナ-が続くから・・こんな僕でも楽しいんだよね。

行く先を陽が照らしてる・・

道が僕を迎え入れてくれる・・そんな気がして、とてもうれしく感じた。

f0362725_13045365.jpg







そして頂上・・

石碑がひとつあるだけで、誰も立ち寄らないけど・・

f0362725_13050693.jpg







僕にとっては、日常を背中の後ろに置いてくる入り口だった。

ここを境に下って行くと・・

f0362725_13051354.jpg







どっちに向かおうか・・いつも考えていた道の上。

やっぱり立ち止まって・・

左へ向かう・・

走り出した時から、今日僕が過ごしたい場所はもう決まってる。

f0362725_13052247.jpg







気持ちいいな~

エンジンを切って振り返る・・

f0362725_13053646.jpg







見上げて・・青い空・・

顎を上げて・・胸を開いて呼吸する・・

立ち止まって空を見るのではなく・・

風を感じながらその行為が気持ち良い。

そういうことってないかい?

見るのではなく、感じてる時ってないかい?

f0362725_13054788.jpg







目指す場所はもう近い・・

だから尚更焦らず・・

敢えてゆっくり今居るこの道を味わいたいと思った。

f0362725_13055492.jpg







彼らは何処まで走るのかな・・僕の横を走り抜けて行った・・

道に浮かぶ影がくっきり。

陽射しの中を走って行くのは気持ち良いね。

f0362725_13243240.jpg







占冠村・・赤岩青巌峡

いつも来た道、いつも歩く道・・

f0362725_13070853.jpg






色づく山や、川の青さがとても綺麗。

一番美しい季節には少しは早かったけど、

今日の機会を逃したら、

この風景に出会えていなかった気がする・・

f0362725_13063202.jpg






橋の上から真下を覗く・・水の音に包まれる・・

f0362725_13083003.jpg







駐車場はクルマがいっぱいだった。

札幌ナンバ-、北見ナンバ-、旭川ナンバ-、帯広ナンバ-、函館ナンバ-・・

家族で・・夫婦で・・赤岩を登ることを楽しむ。

f0362725_13291057.jpg






凛とした空気感の中、静かに自然と向う空間。

ストイックだけど何故かやさしく・・

バイクで上下黒革の僕はとても場違いなんだけど・・

この空間に居ること心地よく感じる。

見るのではなく、感じられる場所・・

f0362725_13074044.jpg







枯葉の乗った柔らかい土の上を歩きながら、さきへ進む・・

一歩一歩を確かめながら、今を味わいながら・・

f0362725_13071702.jpg







橋の下に辿り着いて見上げる・・

f0362725_13072800.jpg






水の流れるその音が・・とても心地良くて・・

絶景とは違うもの・・自分の胸の中で感じられる心地良さ・・

f0362725_13075424.jpg






赤岩青巌峡で今日は帰るつもりだったけど・・

まだお昼前だし・・もうすこし先に進んでみる。

f0362725_13102591.jpg







かなやま湖ラベンダ-園のベンチで過ごしたいと思った・・

f0362725_13104022.jpg







踏切を渡り・・道道へ・・

道はまだつづく・・

でも期待感でうれしくて、天気が良くて・・

此の先の風景を想像しながらワクワクしながら進む・・

f0362725_13104529.jpg







ダムには寄らず、ただただ進む・・

今日は人工的な水は見たくない気持ちだった。

きっと・・さっきの赤岩青巌峡を、その自然を記憶に残したままでいたい気持ちだった・・

f0362725_13114559.jpg






陽のあたたかさを山々に感じ・・

f0362725_13110619.jpg







輝く樹々を近くに感じ・・

f0362725_13113102.jpg







かなやま湖ラベンダ-園・・

f0362725_13123402.jpg






僕は此処に立っている・・

f0362725_13153934.jpg





また見ることが出来た・・

シーズン最後にうれしかった。

f0362725_13154717.jpg







もし北海道に来ることがあったのなら・・

このベンチに、ぜひ座ってみて欲しいと思う。

とてもマイナ-なところだけれど・・

f0362725_13161033.jpg







ただただ座って眺めていると・・時が止まる、雑念がちっぽけに思う・・

雲や陽の光は流れているのだけれど・・

全身で大きさや、澄んだものをきっと感じられる・・

心が洗われる・・

f0362725_13162106.jpg







目の前の時間がやさしく流れる・・時を忘れる・・

自然に身を置く心地良さを、きっと五感で感じてもらえる気がする・・

ここはまだ観光地ではないけれど、名所ではないけれど・・

ここでのベンチで過ごすと・・

きっとものの感じ方、走る価値観が変わるような・・そんな気がする・・

f0362725_13163073.jpg







明るいうちに帰ろうか。

来た道を戻るよ。

f0362725_13170882.jpg







往路と同じ道を戻って行くと・・

先に見える雲が暗く重かった・・

あれ?

今日は全道晴れ予報・・道の駅に寄って雨雲レーダーを確認することにした。

f0362725_13172295.jpg






どうやらこの先は雨が降っているようだ。

此処はまだ雨が降っていないけど、夕張道の駅で合羽を着て走り出す。

道中、追い付くRIDERは皆合羽を着ない中、ひとり目立つ黄色い合羽で走り続ける。

f0362725_13202137.png







案の定、由仁町からはずっと雨の中だった・・

雨の中を走るのは好きではない・・でもなんだか気持ち良かった。

と、言うよりもうれしかった。

なんでだろうな・・


帰宅して車庫の中・・今日も無事に帰って来たよ。

それが一番大事なこと・・




[PR]
# by den-selen | 2018-10-15 23:19 | モトグッチ | Comments(8)


週末毎にやってくる台風で暫く走れなかった。

このままシ-ズンが終わってしまうのかと少し焦った。


週に一度走り出すこと。

外の風を感じること・・胸の中に風を通すこと・・空を見上げること。

2週間走れなかっただけなのに、いつも普通に走ってきたことが出来ないのは、

自分のリズムがくるってしまうようで、調子が良くない。


社会に出て33年・・そう書くと随分と長く感じるけれど、あっという間な気がする。

仕事をすること、MCで走ること。どちらもずっと大切な時間。

でも間違いなく、僕の人生はMCと共にいつも居た。

仕事とMC・・どちらかが欠けてもきっと物足りなく思う。


走る中に求めていること・・心の中から求めていることは自分が一番知っている。

いつも同じことばかり書いているけど、

僕のツ-リングはグルメもないし、観光名所の紹介もない。

すごい長距離を走る訳でもない・・

ただただ心地良い時間を呼吸するように、風のように走って行きたいと思っている。

求めていることは・・相棒と一緒に季節の変化を感じることであったり、そこにある風に吹かれることであったり・・

名所を巡るのは、きっと仕事をやめてからが本当に味わえるのかもしれない。

今はまだ見ること、行くことよりも、自分の為に走っている。


毎週走れなかった頃が25年間程あった・・けれど年に数回の連続休暇はあった。

遠くに行って宿を決めたら一週間ほど連泊していた。

宿から日帰りできる範囲で一日中その土地を走る。そして毎年飽きずに同じ宿で過ごす。

繰り返し、繰り返し・・それが心地良くて、そんな楽しみ方が身についている。

今は日帰りだけど、走る中に求めていることは、基本的にずっと変わっていない気がする。

いつも普通にある道の上だけど、今も胸の中をちゃんと風が通っている・・


10/8(月曜)連休最終日。

4時に目が覚めた。

顔を洗い、お風呂にお湯を溜め、ゆっくり浸かりながら頭を休める。

慌てない、慌てない。

走りだす前の過ごし方は僕にとってとても大切なこと。


朝7:50 おにぎりを二つ持って、秋晴れの空へ走りだす。

今日は下の子と約束があるから、あまり遅くまで走れないけれど、

少しの時間であっても、走れることが出来るなんて とてもしあわせ。


国道453を支笏湖に向かって走る。

空気も光も澄んでいる。やっぱり外の風は気持ちいいなぁ~

f0362725_19351120.jpg





道の流れが良くて、8:30過ぎには支笏湖に到着。

今年初めてのポロピナイ。

MCが多くて賑やかだね。それぞれに楽しんでいる感じがする。

知ってる人が居るかな?と思って寄ってみたけど、僕のスタ-トが遅すぎたようだ。

雰囲気だけ一枚撮って、先に進む。

f0362725_19353399.jpg







湖を見ながら走る道が気持ち良いね。

晴れた日には格別だ。

僕はどんな天気でも受け入れる。

雲空でも、雨空でも、雪混じりでも。

今を走ってる・・それがとてもうれしいことだから。

f0362725_19360725.jpg







今日の日中最高気温は20℃の予報だった。

あたたかくて、ついのんびりしてしまう。

空が堪らなくきれいなんだなぁ~

f0362725_19361655.jpg







冬が来る前に、このきれいな水の色を見れて良かった。

忘れないようにしなくちゃ!

そう思って一枚・・シャッタ-を切った・・

f0362725_19363063.jpg






MCが走って行く。

今日は10月とは思えないご褒美のような天気だ。

それぞれが、それぞれに楽しむ道の上。

気持ち良さそうに走ってるね。

f0362725_19363819.jpg







休憩村支笏湖・・

そろそろ紅葉しているかな?

気になって寄ってみた。

f0362725_19365770.jpg






まだ早かった。

幹を伝う蔦が紅葉する頃になると、この公園の風景はもう別世界的にうつくしい。

季節の変わり目に立ち会いながら、ゆっくり散歩する。

足の裏に伝わる土の感触がとても気持ち良いんだなぁ。

歩くことを確かめられる。歩くことが気持ち良い。ずっと歩いていたい・・そう思える土の感触。

この公園は四季も、歩くことも飽きずに楽しめるから大好きなのだ。

そして見上げる・・

f0362725_19372514.jpg







支笏湖をグルッと回って美笛峠を越え、

気持ちは南羊蹄へ向かっている。


先週は雪虫が飛んだ。雪虫が飛ぶと2週間ほどで初雪になる。

行けるうちに、やり残したことが無いように・・冬が来る前に・・

いつもあった風景を確かめながら走って行く。

f0362725_19373494.jpg







樹々の風景を・・陽のあたたかさを胸に焼き付ける・・

f0362725_19374995.jpg







喜茂別を過ぎ・・

f0362725_19380412.jpg







一人・・南羊蹄を目指して走って行く・・

自分の為に・・

f0362725_19381484.jpg







空を背景に丘の上に牛達が・・

空は広くて大きくて・・大地よりも空の大きさを感じた。

どうやっても樹がフレ-ムに入ってしまう。これが限界・・

樹々の隙間から一枚。

f0362725_19383322.jpg







やわらかく広がる田んぼの緑・・

雲は高い空から降りてきて・・

秋になったんだなぁ~

空がきれい・・

胸の中でひとりごと・・風が身体を通っていく・・

f0362725_19382403.jpg






南羊蹄広域農道・・

相棒の鼓動はこの道でも自分の呼吸に合う気がする。

時には空を舞うグライダ-のようだったり・・

重爆撃機のような旋回や・・

たまにダ-トを走ってしまえたり・・

SSなのになぜか人間臭いこのエンジンは、どこをどんなふうに走っても、

いつも僕と波長が合う。

この相棒と出会えて良かった。

一緒に同じ景色を感じられる相棒と出会えたことがうれしい。

f0362725_19384895.jpg







ウォ-リ-を探せじゃないけど・・

僕の写真は・・いつも相棒がちいさくある。

それは自分の姿を映すようだったり・・

f0362725_19385416.jpg







頭上の雲の迫力がとても近くに・・

圧倒的な力を感じたり・・

やっぱり自然ってすごいな。


風や、空や、雲や・・

その大きさは走り出さないと感じない。

デスクと向き合う日常とは別な世界が、走り出せばそこに在る。

もっともっと大きなもの・・

そして僕は此処に居てそれを感じてる。

f0362725_19390965.jpg







雲に覆われた羊蹄山・・

この山は本当にでっかいなぁ~

f0362725_19392404.jpg






走るってやっぱり気持ちいいね!

さあ残りあと僅か、思い残すことなく走ってシ-ズンを終えよう。


In the Sanctuary(ジョン・ル-カス&JLファミリ-/2016仙台ゴスフェス)









225km  7:50~14:00

f0362725_19492220.jpg


にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ





[PR]
# by den-selen | 2018-10-09 19:51 | モトグッチ | Comments(6)


三連休 初日の土曜は、予定通り休日出勤。

仕事は尚も増えるパズルのピ-スに、中々組み上がらない状態が未だ続いている。

守りに徹すれば簡単だけど、負荷が掛かっている方がちょうど良い。

それでも仕事のピ-クがスタ-トする頃には、すべてがレ-ルの上にいつも乗っている。

会社を立ち上げ8年目。毎年少しでも前へ 少しでも大きく・・前へ前へ・・それでも僕達はまだまだひよっこだ。

この日は流石に頭の中も身体も何となく軽やかさがなくて、ゆっくり休まなくちゃと思っていた。


朝の陽を感じながら、ソファに座って読みかけの本をペ-ジをめくる。

お昼近くになって窓の外を眺める・・リビングの天井を仰いで本を閉じた。


外に出て、車庫の前から空を見上げた。

空が青くてきれいだった。風が気持ち良かった。


胸の中に風を通さなくちゃ・・

9/23(日曜)おにぎりをふたつ・・11:30 走り出した。


国道230中山峠・・頂上手前のパ-キングでひと呼吸。

雲の切れ間から射す光がところどころ山を照らし、そして山肌をゆっくり照らしながら風に乗って流れる。

f0362725_12405785.jpg







もう少しでこの山々も紅葉に染まる。

眺めながら此処から何処に向かおうか・・頭で考えていた。

南羊蹄の田んぼ・・

パノラマラインのめくるめく風景・・

洞爺湖の青い湖面・・

頭で考えるのは止そう。

走りながら感じる心のままに・・その道に従おうと思った・・

f0362725_12410650.jpg







中山峠をおりてきて、喜茂別を通り過ぎ・・

何となくなんだけど・・ただただ国道230を直進していたかった・・

f0362725_12411351.jpg







国道から逸れてみたり・・

f0362725_12412551.jpg







雲の切れ間から陽が射して・・

田んぼの上を流れる陽の光に見惚れたり・・

f0362725_12413433.jpg







空がきれいなんだなぁ。

正面を見て人と向き合ったり、机上のプランに考え込んだり、背筋を伸ばして見上げると天井があったり・・

でも、走り出すと解放されるような空間がある。走り出してこそ感じる外の風がある。

この時間が僕にとって何よりも大切なんだ。

あぁ~・・やっぱり相棒と一緒に走って来て良かった。

f0362725_12414374.jpg







洞爺湖・・壮瞥公園展望台・・

人が歩く温泉街の雰囲気が心地良くて、散歩するように走ってきた。

そんな休日のひと時を通り過ぎて・・ここに立つ。

f0362725_12421507.jpg







羊蹄山が見えた。

久しぶりの知り合いに会えた気がしてうれしくなった。

大きく美しく・・そこにちゃんと居てくれている。

f0362725_12423277.jpg







ここで遅めのお昼を食べることにした。

気持ちいいじゃないか。

空も風も・・何もかもが気持ちいい。

僕にとって何よりも贅沢な時間・・このひと時を・・おにぎりを食べながら味わう。心から・・

大袈裟かも知れないけれど、もう他には何もいらない気持ち。

胸の中を・・風が通っていくのが分かる・・

f0362725_12423855.jpg







緑のトンネルがつづく道を、湖沿いに走って行くよ。

f0362725_12424566.jpg







しっとりとした緑の深さと、進む先に感じる陽のあたたかさ・・

エンジンを切って立ち止まる・・

f0362725_12425223.jpg







左手には、その隙間から洞爺湖の湖面が光に輝いている。

その時間はゆったりと、あくまで穏やかに・・

f0362725_12432068.jpg







澄んでいて、とても綺麗なんだな。

相棒を止めて湖沿いを歩いてみる・・

f0362725_12431415.jpg






洞爺湖を離れ際、黄色い花の輝く風景に足を止めた。

この時間がうつくしいと思った。

何気ないもの、何気ない風景、何気ない空気・・

f0362725_12432771.jpg







見上げると・・空がきれい・・

つくづく思う・・走って来て良かった。

f0362725_12440382.jpg






帰路は、往路で見つけて気になっていた農道に入って行く。

流れる時間がもう別世界。

日常の時間の速さはなんだろう・・

自分は何に急かされているんだろう・・

時間はこんなにゆっくり流れている。

f0362725_12435722.jpg






陽の匂い、風の匂い、土の匂い・・

そして穏やかな時間にさえも匂いを感じた。

何だかあたたかいんだなぁ。

f0362725_12434771.jpg







241km  11:30~19:00

f0362725_12554909.jpg


にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ





[PR]
# by den-selen | 2018-09-24 20:46 | モトグッチ | Comments(4)


9/16(日曜)最高気温25℃・・夕方は22℃の予報

秋晴れの広がる青空も素敵だけれど・・

今日のような曇り空も、やわらかい陽射しが心地良いと感じる。

8:00、走り出す。



国道275から道道527・・肌にぬるくて、少しだけ湿気の含んだしっとりとした風。

感じる感触がちょうど良くて、やさしい気持ちにさせてくれるんだなぁ。

暑くないし、眩しくない。程よい感じが気持ちいい。

橋の上でひと呼吸・・

f0362725_13581693.jpg






前回来たときはまだ青々としていたのに、すっかり黄金色・・

眺めながら・・季節毎のこれまでの、この田んぼの風景を記憶の中で反芻していた。

雪解けのころ、水を張ったころ・・季節が進むのは早いなぁ。

田んぼの上を・・ふわっと穂を揺らすように風が通っていく・・


春から見てきた田んぼの風景と今を重ねながら、

僕も穂と同じ気持ちでその風を感じていた・・つもりになってしまった。

風が気持ちいいね!

f0362725_13583969.jpg







静かなひとりの時間が心地良くて、橋から離れ歩き始めた。

道の脇に・・アメリカ菊。

雑草の中に埋もれながらもそこに、この季節 小さいながらもきっと最後の精一杯の力で咲いていた。

f0362725_13583103.jpg






海に出て国道231オロロンライン・・

厚田を過ぎ、浜益を過ぎ、道の上。

立ち止まり、今来た道を振り返る。

三連休、中日の今日だけ曇り空・・前後は秋晴れの空がきれいな日だった。

それでも今日のこの穏やかさが気持ち良くて、海沿いを走る。

f0362725_13585082.jpg








赤岩があったり、柱状節理があったり、

海だけでなくこの道に見える岩肌も・・味わいながら走って行く。

紅葉の季節になると海沿いは厳しい寒さ。

気持ち良く走れるのは今日だけかも知れない。そんなふうに思って噛みしめた。

f0362725_13590017.jpg






岩老のパ-キング。

今年は此処から引き返してばかりいたような。

延々と、ただ延々と無性に走りたい時に いつもこの道を走ってきた。

最北端を目指したい時がたまにある(気持ちの中でだけ)

日帰りで辿り着いたことはないけどね!

f0362725_13591138.jpg







もう少し先まで進んでみよう。

そう思って、今日は走ってきた。

僕にとっての海沿い散歩・・

f0362725_13595132.jpg







増毛を過ぎ・・いつも つい何となく立ち寄ってしまうパ-キング。

休憩タイミングではないんだけれど、不思議と立ち寄ってしまうんだなぁ。

通り過ぎるつもりだったのに、今年もまた寄ってしまった。

なんだか吸い込まれちゃうんだよね!

何も無いんだけど(笑)

f0362725_14010691.jpg








留萌を目指して先に進むよ。

この道の風景もひさしぶり。

f0362725_14011474.jpg







此処まで150km・・念のため留萌市内で給油して北上する。

道路案内に稚内の文字が見えた。

まだまだ遠いなぁ~

f0362725_14012328.jpg







オロロンラインは留萌迄と、留萌からとでは・・全然風景が違う。

進むごとに表情を変えて行くこの道が、やっぱり好きかも。

日帰りRIDERの僕にとっては、何処までもつづくエンドレスの道に思える。

海沿いを・・山々を・・人々の生活を・・走って行く・・

f0362725_14014006.jpg







海の色が違うんだなぁ。

厚田の青い海、留萌を越えてからの乳白色の淡いグリ-ン。

僕は普段かなりゆる~く走ってるから、中々辿り着けなくて・・

「今年も此処に出会えた!」・・そう心の中で呟きながら、

この海の風景に出会えたことが密かにうれしく感じていた。

f0362725_14014688.jpg







白波が立っているけど、不思議と道の上の風は穏やかだった。

その風が気持ち良くて、道の上を歩いて自分の足で確かめてみる・・

晴天だったら汗をかいてたかも。

f0362725_14015687.jpg







北上して行ける所まで行って、帰路で立ち寄ろうと思っていた。

上平グリ-ンヒルウインドパ-ク。

f0362725_14020525.jpg







と思っていたのに、考えとは裏腹に・・

既にダ-トの中・・


頭の中の思考とは関係なしに、結局は心が求める道にしか行かないものだよね。

ん~不思議なことだけど。

f0362725_14202812.jpg






この高い丘の上・・海を背景に牛達がのんびりと暮らしている・・

f0362725_14023329.jpg







見上げると・・

f0362725_14024157.jpg







この果てしなく広がる丘の上には、生き物も人も、羽も共存しながら一年を過ごしている。

国道からは見えないその風景、それが何だか不思議な空間に感じた。

牧歌的に暮らす風景の中にも・・


僕は・・その中に居てしまった・・

なんだかその空間に入っては行けなかったかも・・

いつもは牛の姿が無かったからなのか、そんなことを今まで思ったことがなかったのに・・

f0362725_14024946.jpg








丘を下りてきて、先を見ながら立ち止まる・・

暫し考える・・

此の先の風景も見たいけど・・

進もうと思えば、まだまだ走れる時間だったけど・・

何となく今日は此処までにしようと思った。道を眺めながら・・

つづきはまた、いつか・・

f0362725_14025853.jpg







小平の道の駅は人が多くて通り過ぎてしまった。

少し進んで在ったパ-キングから、来た道を振り返る。

同じ日、同じ道の上・・走る中で何を感じるかはRIDERそれぞれの中に。

f0362725_14031421.jpg






MCに求めるもの、自分の心が求める過ごし方・・

それがRIDERそれぞれの中にあるから、MCの楽しさは限りないものがある。

それがMCの世界の素敵なところ。


僕はずっと一人で走ってきた。

これからもきっと自分にはそれが心地良いと思う。

何処に行ってもただただ空を見上げ、顎を上げ胸を開いて、深呼吸してるだけなんだけどね。

その時間が大切だった。そういうMCライフもある。

大学から始まったMCライフ・・そんな僕も、もうすぐ56歳になる。

何を感じ、何が心のままなのか・・

走ってきた記憶は自分と向き合いながらの時間、これからも季節と共にそれを大切に積み重ねいきたい・・

記憶は目で見てきた景色よりも、なぜか陽や風の匂い、道の風景の方が記憶に残っている。

不思議だね。

いつかはきっと・・走れなくなる時がやってくる。

そんなことを想いながら走っているのは僕だけかも知れないけれど・・

f0362725_14032264.jpg







小平から留萌、増毛、厚田の夕日の丘を通り過ぎ一気に南下した。

風があまりにも気持ち良かったから。

走れることがとても楽しかったから。


旅するRIDER、日帰りするRIDER、それぞれに道の上・・

今日は立ち止まると走るRIDERがいつも居た。

僕もその中のひとり。

f0362725_14034559.jpg






厚田区の駐車場。

相棒に寄りかかって、羽の下に延びる道を眺めていた・・

今まで過ごして来た時間を、ボ-ッと眺めながら振り返っていた・・

いつものその時間があることに安心しながら。

f0362725_14035544.jpg







今日はずっと曇り空だったのに・・

f0362725_14040395.jpg







海の輝く様子が綺麗なんだな・・

風を感じながら・・

f0362725_14041071.jpg








8:00~18:00  388km

f0362725_14431397.jpg


にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ





[PR]
# by den-selen | 2018-09-18 01:17 | モトグッチ | Comments(4)

9月6日・・・


前日は台風・・・

轟音と振動で深夜2:00目が覚めた。家が風で揺れている・・・

窓の外を見ると、暴風雨。

庭を囲うフェンスが風で浮き上がり、道路に散乱しそうになっていた。

フェンスの支柱も抜けかけてる・・・こんなに狂暴な風雨は初めてだった。

横殴りの雨の中、暗闇をずぶ濡れになりながらフェンスが凶器となる前に車庫に片づけた。

終わったら朝が来て明るくなっていた。

近所の公園の大木が倒れて、歩道を塞いでいた。



台風が過ぎてやれやれと思っていた・・・

でもそれは来た。

昨日の今日・・・同じ深夜の時間。

間もなく停電した。


f0362725_20011628.jpg


亡くなった一人ひとりの人生にあったもの、住む場所が一変した方々を想うと胸が痛い。

それまで普通にあったもの。

今までも、これからもあると思っていたもの・・



あの凶暴な一日があったというのに、

空はまるで何事もなかったかのように広がっている・・

陽が昇る夜明けと共に、輝き始める空の清々しさ。

夕日が染める・・やがてオレンジ色から紺色へと空のグラデ-ションがうつくしい・・

人の生活なんてまるで関係ないように、空は大きくうつくしく。

あれから見上げるたび、変わらずそこにある空になんだか不思議な気持ちになった。

まるで何事もなかったかのように広がる空に・・

f0362725_17502100.jpg





9月7日 19:00に電気が復旧した。

街の風景も少しづつ日常を取り戻していく。

きっと・・日常に追われていく中、今の記憶もすこしづつ薄らいでいき、

気付けばそれまでの日常をまた送っていくのかも知れない。



MCは自分の為に走る。

今はまだ自分の為に走りだす気になれないでいる。

それでも一日一日が、前に進んでいる。

今はもう少しこの中で一緒にいよう・・そして外に出る時は一緒に。

f0362725_19595393.jpg

iphone6   9/7 15:44  停電中の車庫の中。片づけが終わって・・



Joy comes in the moning

Troubles they don‘t last always

Four there‘s a friend named Jesus

Who will wipe your tears away

And if your heart is broken

Just lift your hands and say・・・




My Life Is In Your Hands (ブルックリン タバナクル クワイア)




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ




[PR]
# by den-selen | 2018-09-09 16:07 | モトグッチ | Comments(10)