朝の支笏湖・・・


8/13(月曜)お盆連休3日目は、午前中だけ走れる時間が出来た。


朝4時 さっきまで雨が降っていた。

窓を開けて路面を確認。湿った空気が入ってきた・・・

レ-スのカ-テンを揺らす風は微風。

顔を洗い、ぬるめのお湯を溜めてゆっくりお風呂に浸かる。

いつも同じことばかり書いてしまうのだが、僕にとって走り出すの前の過ごし方はとても大切。

時間がない時こそ敢えてゆっくり、余裕ある時間をつくることは、

走る中での感じ方や安全に繋がるような気がしてる。

最高気温26℃、最低気温19℃・・・雨に当たってもいいように雨装備を一式を積む。

8/13、6:00走り出す。








空いてる街中を走るのは気持ちが良い。

市内を横断し、今シ-ズン初めての支笏湖に向かう。

国道453、湿った空気が身体にやわらかく纏わりつくような、その風は残暑の匂い。

その道をグ-ンと加速していく。

f0362725_20565752.jpg










立ち止まると、朝練組が目の前を時折り通過していく。

僕はと言えば、その熱量に気持ちが付いていけなくて、

すっかりマッタリモ-ド。 ボレロを聴くように朝の道を味わって行く。

f0362725_20570673.jpg








この道、懐かしいなぁ。

走っては立ち止まり、歩いては戻りしながら、季節の狭間を肌で感じ、今この道に居られることを嬉しく感じたり。

f0362725_20582803.jpg









速いバイクが迫って来れば、左に寄って抜いてもらう。

道の上ではそれぞれ気持ち良いペ-スを、お互い邪魔されたくないものだ。

無理しない自分のペ-スで楽しみながら走って行く。

f0362725_20583851.jpg









湖畔のパ-キングで立ち止まる。7時をすこし回った時間。

エンジンを切って静寂に包まれる。いま走ってきた道の風景を思い出しながら。

支笏湖を眺めながら、水の匂い、緑の匂い、朝の匂い、波の風景。

ぼんやり過ごす、この時間がなんだかとてもいいな。

湿度は高いけれどベタベタとしたものではなく、気持ち良い。

f0362725_21104721.jpg










振り返って恵庭岳を眺める。

以前、たった一度だけその山頂から支笏湖を眺めたことがある。

いつも眺めていたら登れそうな気がしてきて、そして無性に登ってみたくなったのだ。

初めての山登り、すれ違う人たち皆が「こんにちは」と挨拶してくれる。新鮮で初めての体験だった。

人のやさしさを感じ、とても嬉しく、そして勇気づけられた。

登山の知識もないのに最後まで登りきってしまった。その眺めは達成感と共に、想像以上の気持ち良さだった。

たった一度だけだが、その記憶は掛けがえのないもの。

記憶はそうやって自分で感じたものを、丁寧に積み重ねていくものなのかもね。

f0362725_20592705.jpg









白樺のあるパ-キングで充分過ごしたあと、

すこし進んだ先のパ-キングでまた立ち止まる。

この道の風景を撮りたくて。

f0362725_20584847.jpg









風不死岳と樽前山、青空の下で輝く湖面と共に眺めるのも良いけれど、

こんなふうに、しっとりとした空気の中、朝の穏やかさと共に眺めるのもいいものだね。

f0362725_20590938.jpg









国道を逸れて進むよ。

f0362725_21000463.jpg










モミジが色づき始めていた。

今日はお昼までが走れる時間。

しかも余裕をもって帰りたいから遠くは行かず、此処までと思っていた。

休憩村支笏湖。

f0362725_21005486.jpg










この空気を感じながら、緑の中を歩くのは気持ちいいね。

雨が上がったあとなので、しっとりしてて美しい。

次回訪ねて来るときは、この風景も紅葉しているはず。

その時はピンと張りつめた空気に変わっている。

そんなことを想像しながら、今この時の心地良さを胸いっぱい全身で味わう。

f0362725_21013396.jpg








土の感触を足の裏で感じながら、ゆっくり歩くのは気持ちいいね。

この風景も、落ち葉で埋め尽くされる頃になると、また別の味わい。

季節も歩くように一歩一歩ゆっくり進んで行く。

そこに立ち会えることがうれしい。

f0362725_21020518.jpg










展望台から、支笏湖と道を眺める。

f0362725_21090280.jpg










うつくしいなぁ~。

静かで、穏やかで、波が湖面の表情を刻々と変えていく。

展望台の手摺にもたれかかって、ひとりただただ眺める。

f0362725_21024626.jpg










此処は訪ねるごとに四季の今を感じる。それをのんびり散歩しながら感じるにも丁度良い広さ。

広すぎず狭すぎず、時間を気にせず。

f0362725_21030404.jpg










瑞々しい葉にすこし埋もれるように紫陽花。

森の風景の中にちいさく咲く君が、とてもきれいなんだな。

f0362725_21042032.jpg










居心地が良くて、たっぷり2時間近くも過ごしてしまった。

心が満たされたような気持ち。

そろそろ帰らなくちゃ。

f0362725_21055739.jpg










走る距離はすこしだったけれど、とても良い時間を過ごせた。

やっぱり走って来て良かった(^^)

f0362725_21051293.jpg










お会い出来なかったけれど、同じ日、同じ時間帯、

いちさんや、樹生さんも、支笏湖を走っておられたのを記事で拝見。

それぞれに楽しむひと時でしたね。



115km  6:00~帰宅は10:00過ぎ

f0362725_21061429.jpg


にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ  にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ




[PR]
# by den-selen | 2018-08-14 11:40 | モトグッチ | Comments(8)

秋の匂い・・・


8/5(日曜)・・・

朝陽と共に起きてリビングの窓を開けると、入ってくる風は秋の清々しさ。

涼しさ感じる風に、過ぎ去る夏を探してみたけど何処にもなかった。



週末の部活送り業務は、来春迄きっとお休み。

これまで8年間、スク-ルや部活を子供と過ごした週末が急に無くなるのは、

すこし寂しい気持ちがしてみたり・・・

いつもと違う週末に、なんだか時間もタイミングも上手く切り替えが出来なくて、

なぜか朝から念入りに、相棒の洗車をしてワックスを掛けてみたり(笑)









9:30走り出す。いつものように。

今日は、いつもと違う海を感じてみたかった。

国道5を走って、朝里から道道1へ・・・

海の見える無人駅、JR朝里駅はもう少し落ち着いてからの楽しみかな。

そして道道393毛無峠。今来た道を振り返ってひと呼吸。

f0362725_17511358.jpg










あぁ~、なんだか違う海に来たみたい。

高いところから見下ろす街の風景っていいね。

f0362725_17512911.jpg









道道から逸れて、2年振りの落合ダム親水広場。

此処にしかない風景が好きなんだけど・・・

f0362725_17515036.jpg









いつの間にか水位が上がって、今まで歩いて行けた所は一面湖の中。

こうして風景は変わって行くものなんだね。

今まであった景色がいつまでも在るとは限らない。

あの風景にもう一度・・・なんて思っていたけど、

こうして年月と共に変化するものも、受け入れないとね。

f0362725_17520020.jpg










それでもこの風景に、また会いに来れて良かった。

次回訪ねて来る時はまたカタチを変えて、違った風景になっているのかな。

f0362725_17521014.jpg










親水広場を離れ、今来た道を戻るよ。

オフ車だったら、きっと楽しいんだろうな。

タイトコ-ナ-とアップダウンのつづく狭いダ-トを、恐る恐る進んで行く。

それでも砂利は深くないから、SSでも大丈夫。

緑が近くに、一人の時間を走る支線の楽しさだね。

f0362725_17522436.jpg









赤井川の道の駅で小休止。

お隣のRIDERは、寒い寒いと言っていた。

僕の今日は黒革の上下で丁度良い感じ。でも走ると首元が冷えるから、

寒さに慣れてないRIDERならネックウォ-マ-は、あった方が良いかも。

でも、立ち止まっている時はとても心地良い空気だったよ。

f0362725_17523296.jpg










道の駅を離れ道道36、冷水峠。

旧道を進んで高度を上げて行くよ。

f0362725_17524133.jpg










立ち止まって、カルデラ盆地の赤井川村を望む。

早朝ツ-リング出来るようになったから、

雲海の広がるこの辺りは、楽しみのひとつなんだな。

出会えるかな。

f0362725_17524616.jpg










峠を越えて海に向かうよ。

f0362725_17525334.jpg










道道753にスイッチして海が見えてきた。

この青さが気持ちいいね。

f0362725_17525823.jpg










やさしい空の色を、相棒と一緒に眺める。

山の中を走って来たから、ふと出会う海と空に解放感を感じた。

f0362725_17530548.jpg










もう少しで海だ。

緑の中を下って行くよ。

f0362725_17531229.jpg










古平町から道道998、当丸峠。

反時計回りだと海沿いで立ち止まるのが難しくて、

一気に海岸線を走って、ここまで来てしまった。

この当丸峠は殆どの行程が、シェルタ-の中の窮屈な道なんだけれど、

頂上付近には、こんな解放的な場所があったりするんだよね。

気付かずに通り過ぎてしまうような場所なんだけど、

見つけたら、誰も居ないこの空間に立ち寄ってみるのもいいかもだよ。

f0362725_17532757.jpg










ずっと走ってきたシェルタ-を更に上から見下ろすのが、なんだか不思議な光景。

この峠を、冬でも越えられるように作られたそれは、古平町と神恵内村を繋ぐ別世界の道。

ここから見える山々と空の大きさは、人の道よりも遥かに大きい。

f0362725_17534060.jpg










峠を下って行くと、大きく弧を描く橋がある。

f0362725_17534943.jpg










立ち止まって、その風景を眺めてみる。

往来する車両はなく自然の中の静かな空間に、ただただ壮大な人工の道の風景なんだけれども、

その風景をとても美しく感じた。

どんな道の風景にも、いつも感じるものがある。

f0362725_17540584.jpg










僕はいつも大まかな一枚の北海道地図と、ツ-リングまっぷるだけで走っている。

シンプルに感じるままに・・・なぁ~んて、地図を見てるからそれは後付けの理由なのだけど、

ナビに従うのと違う楽しさがあるような・・・そんな気がしてる。

コックピットをシンプルにすると、シンプルに道を感じれるような気がする。

注)あくまで僕の場合に限ってです(^^;楽しみ方は100通り(^^)

f0362725_17543307.jpg










橋の上から、真下を覗いてみた。

陽を浴びたり影になったり、ちゃんとそこに生きる多くの緑を発見した。

f0362725_17550003.jpg









橋を下り、峠を下り、神恵内村の海に向かうよ。

f0362725_17551805.jpg










海が綺麗なんだなぁ~

f0362725_17552942.jpg










眺めていたら、きっと究極の風景ってこんな感じなのかなと、思ってしまう。

走って来て感じるもの、あぁ~良かったと感じるもの、

実はこんな何気ない風景にあるのかも知れないね。

f0362725_17554166.jpg










この橋を走るのは、どれくらい振り?

そんなの関係ないよね。今を今だけを感じて走れるこの時間が大切なんだ。

記憶に残したい風の中を走り抜ける。

記憶を積み重ねる。

いつかきっと走れなくなった時、充分満足したと思えるように。

f0362725_17554789.jpg










橋の真下を覗いてみる。

海が綺麗。

f0362725_17555415.jpg










海沿いを進むよ。

いくつもの村を通らせてもらい・・・

そこに住む生活を背中の後ろに風と共に置いてくる・・・

そして走って行く。

海風と共にその道を走って行く。

f0362725_17560198.jpg










目をやれば、いつもある広い風景。

f0362725_17561804.jpg










今日はとても気持ち良かった。

本当は、ニセコパノラマラインを走って帰ろうと思っていたのだけれど、

そこは充分時間がある時に味わいたいと思った。

今日はただ走っただけになってしまうような気がして、

岩内まで行かず、ここから内陸に入ることにした。

楽しみは、時間を気にせずゆっくり味わえる時にとっておこう。

f0362725_17560999.jpg










「望羊の丘」を通り過ぎ、国道から羊蹄山を望む。

輝く中のその姿に・・・やっぱりこの山は特別なんだと思う・・・

今しか会えない山。

大きく美しく、そしてやさしい・・・

いつもそこにある。

f0362725_17562812.jpg










喜茂別町を、国道230に向かう。

緊張感を帯びてきた風の中、すこしの陽射しに温もりを感じた。

f0362725_17563900.jpg










中山峠の頂上で今日を振り返る。

空がきれい・・・

f0362725_17564653.jpg










この日・・・最高気温25℃、最低気温17℃の予報だった。

これから来道するRIDERは、寒さ対策を充分にね。

まだ夏だけど、秋の風と共に北海道の天気はとても不安定になる。

使わなかったけれど、今日は雨具をフル装備してきた。

来週はお盆休みの連休。少しの合間でも走れたらいいな(^^)






320km  9:30~帰宅は19:00

f0362725_17565470.jpg



Somewhere Over the Rainbow by Israel Kamakawiwo'Ole




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ  にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ




[PR]
# by den-selen | 2018-08-06 23:07 | モトグッチ | Comments(8)


先週、日曜日の早朝、体験したこともない痛みが、腰から脳天を突き抜けた。

一瞬で崩れ落ち、痛みでもう動けなくなった・・・

はぁはぁ・・・なんなんだ・・・いったい・・・

すこしすると痛みが落ち着いたので、もう一度慎重に起き上がろうとしたその瞬間、

雷に打たれたような脳天まで突き抜ける痛み。

その衝撃的な痛さにびっくりした。心臓が止まるかと思った。

ぎっくり腰だった・・・

走り出せないことよりも、走れることがとても幸せなんだと、あらためて感じていた・・・









7/29(日曜)最高気温28℃・・・夕方25℃の予報。

今日は国道275を、行ける所まで行こうと思っていた。

275の最終地点は「森林公園びふかアイランド」のある美深町

寄り道が多すぎてル-ト変更しても・・・せめて士別市の「羊と雲の丘」までは行けるはず。

下の子の最後の部活を送り、9:30走り出す。









国道275・・・

寄り道しながら北上する・・・

f0362725_17261220.jpg









蕎麦の白い花が綺麗なんだな。

蕎麦は過酷な場所でも育つから、以前はお米と違う居場所として広く栽培され、

意外かもだけど、収穫量は北海道が一番。

輸入に殆ど頼っている中、良質の蕎麦の自給率が高いことは誇らしく・・・

そんなふうに眺めながら・・・

f0362725_17264062.jpg










幌加内町に近づくにつれ、それまでの青田の輝きから・・・

白い田んぼの風景へと変化していく・・・その様子はこの季節だけの風景・・・

9月には刈られた田んぼが赤色へ、季節がひとつひとつ幕を閉じて冬に向かう・・・

もうすぐ辺り一面が蕎麦の花に埋め尽くされ、白銀に染まる・・・

f0362725_17291349.jpg









今日の気温はとても高い・・・と言っても、本州の暑さには程遠いのだけど・・・

相棒から離れて歩く・・・タオルを首に巻いて。

陽射しは強いけど、きつくはない・・・

すこし強めに吹く風が、熱さを取り払ってとても気持ち良いから・・・

カメラを相棒に向けて構えていたら、旅のRIDERが走り抜けて行った・・・

f0362725_17290373.jpg








275を進む・・・

畑の上を渡ってくる風の匂いが、とても気持ちいい。

f0362725_17293563.jpg










緑が陽の中に・・・

暑いような、ぬるいような風の中・・・

遠くから注ぐ陽の存在を、樹々が全身で感じてる・・・

生き生きしているように感じる・・・

f0362725_17295015.jpg










この国道は、太陽が真上にあると日陰の出来ない道・・・

川の流れを見つけると、それだけで涼しく感じる・・・ような気がする。

f0362725_17303042.jpg








まだまだ北上するよ。

f0362725_17301938.jpg








視界が開けて・・・広い空・・・

f0362725_17310063.jpg










そして進む・・・

今日はこの道を、行ける所まで行くんだ。

f0362725_17312246.jpg










畑の上を・・・雲が影をつくる・・・

流れる時間も、ゆっくり動いて行くその何もかもが、とても大きいんだよなぁ~

f0362725_17312999.jpg










幌加内の道の駅を通り過ぎ、

そばの花展望台から、来た道を眺める・・・

f0362725_17315163.jpg










いい時間になったので、今日は此処までにしよう。

国道275の端っこまで辿り着けなかったけど、まだ全然途中だけど、

風に吹かれながら眺めていたら・・・なんだかとても満足してしまった。

f0362725_17315667.jpg









日陰を独り占め。ちょっと小さいけどね(^^;

陽射しの中をずっと走ってきたから、オアシスにしか思えない。

f0362725_17321603.jpg










かなり遅いお昼になってしまったけれど・・・

この日陰でのんびりランチにした。

ランチボックスは朝、下の子を部活に送って、そしてテ-ブルの上に・・・

妻が保冷剤と共に用意してくれていた。

気持ち良い風に吹かれながら、僕にとって最高に贅沢な時間。

f0362725_17322272.jpg










すっかり満たされて、今来た道を戻るよ。

矢羽根が、なんだかGPのゴ-ルみたい(笑)

いやいや、まだ先があるからスタ-ト地点?

f0362725_17325532.jpg









牧草ロ-ルの季節になったんだなぁ~

f0362725_17330398.jpg










空が眩しくて・・・

f0362725_17331985.jpg










気温も落ち着いてきたような気がする・・・

立ち止まっても、ただ暑いだけの時間は過ぎて、風が気持ちいいよ。

f0362725_17332629.jpg










そして空を見上げる・・・

顎を上げて胸を開いて深呼吸する・・・

f0362725_17333407.jpg









ゆっくりと雲の影が、風と共に僕の方に向かって走ってくる・・・

f0362725_17345882.jpg









夏の緑の陰影のやさしさ・・・

空気で霞んだように見える風景は、夏だけのもの。


f0362725_17335770.jpg


僕は・・・過ぎ去ったあとに懐かしいと感じる季節は、

夏の事だったりする。

とても暑いのに風が心地良い。

早朝や夕方やその空気感は夏でしか感じられない。

雨のあたたかさ、シャワ-を浴びるようにずぶ濡れになっても、あたたかくて気持ちいい。

湧きたつ緑の匂いが風に乗ってくる。

秋になれば、夏の全てが懐かしい思い出。

春になれば夏の暑さを懐かしく思いだし待ちわびる。

北海道では、ほんの一瞬で過ぎ去っていく幻のような季節・・・


f0362725_17342440.jpg










春の訪れは、緑が芽吹き始める期待の季節。

そう、これからまた新しい季節が始まる予感を感じる。

秋の緊張感のある澄んだ空気は、心が洗われるように。

白く美しい閉ざされた銀世界の冬は、とても長く、吐く息も冷たく凍えるように。

あと3ヵ月・・・10月になれば初雪が降る・・・

こうして走っていられるのもあと僅か・・・

だからこそかもしれないが、今この時この短い夏を記憶に残したい・・・

走った記憶として・・・いつも懐かしく思うこの季節を。

緑の上を雲が流れるなんて、なんて素敵な光景なんだろう・・・

f0362725_17334939.jpg










国道275に合流して・・・

f0362725_17343215.jpg









そしてまた国道から逸れる・・・

いつも書いてしまうのだけど、国道275は移動区間の詰まらない道ではなくて、

そこから四方に伸びる支線の中に、ワクワクが沢山ある道・・・

行けそうなところは、取り敢えず走ってみる・・・きっと楽しさが広がるよ。

f0362725_17383100.jpg








北海道は、国道、道道をすこし逸れるだけで魅力的な道がたくさんある。

丘の起伏に逆らわず出来た道は、自分だけのジェットコ-スタ-があったり。

f0362725_17384952.jpg










陽が傾いてきた・・・

樹のつくる影の中が涼しくて、これからが気持ち良さの本番だね(^^)

f0362725_17391518.jpg









陽に透けたビニ-ルハウスと、白い雲の大らかさが・・・

なんだかとても美しいと思ってしまう。

この道、良いね!

f0362725_17392197.jpg









端正な田んぼと、山の姿の美しさ・・・

同じ陽に、一緒に照らせれて・・・

f0362725_17393255.jpg










厚田区の駐車場・・・

今日の一日の終わりは、ここで風に吹かれたいと思っていた・・・

f0362725_17394531.jpg









19:00・・・

こんなに遅い時間でも、ツ-リングの終わりに夕陽が見れるなんて・・・

f0362725_17395136.jpg










今を噛みしめていた・・・

僕は何処に行くかなんて・・・きっと重要な目的ではなくて・・・

その日一日、今の季節とそこにある風に吹かれて、感じて居る時間が心地良い。

走りたい時、走れるところまで行ってみる・・・

行ける所まで行ってみる。

辿り着かなくてもいい。

その過程がとても楽しい。

f0362725_17400440.jpg










今日の此処は沢山の人が夕陽をただただ眺めていた・・・

この空気感を、いっしょに味わっているみたいな・・・

いつもひとけのない駐車場・・・なんだか不思議な、でも穏やかな時間だった・・・

こんなふうに眺める夕陽も良いものだね。

f0362725_17400986.jpg











Unstoppable God feat. Tye Tribbett











420km  9:30~帰宅は20:00

f0362725_20543749.jpg


  




[PR]
# by den-selen | 2018-07-30 23:21 | モトグッチ | Comments(18)

夏の風の穏やかさ・・・


7月の3連休、土日はゆっくり過ごし、月曜に一日だけ走るつもりでいた。

下の子を部活に送り、3日間の天気をもう一度確かめてみる。

予報は見れば見るほど・・・走るなら今日しかないかも。

そう決めて、でもすぐに走り出さず・・・ひと呼吸置くために、ゆっくり準備を整えていく。

慌てない、慌てない・・・遠くまで行けなくてもいい。

目的地に辿り着かなくてもいい。

走り出す前の気持ちのありようで、その日の走る感じ方が違ったりするような・・・

そんな気がしてる。・・・そんなRIDERはきっと僕だけかも知れない(汗)



7/14(土曜)最高気温26℃・・・最低気温18℃の予報・・・

10:30走り出す。

札幌市内を横断し、国道230・・・連休初日は流石に混んでいた。

帰路の大渋滞を覚悟したのだが・・・この日の夕方の帰路は、拍子抜けするほどクルマの流れが良かった。



中山峠頂上手前のパ-キング・・・振り返って夏の空を噛みしめる。

峠は、市内と違って強い暑さはなかった。

f0362725_14221426.jpg










渋滞の中山峠を下りて喜茂別町から道道696にスイッチ。

そして南羊蹄広域農道へ・・・なんだかホッとした。

クルマの列から抜け出して、やっと落ち着いたような気がする。

ここからは、のんびりと緑に癒される空間。

f0362725_14222553.jpg










すこし進んで立ち止まる。

相棒を置いてその風景を眺めながら・・・歩いて戻ってみる。

田んぼの匂いと山の風景・・・ゆっくりゆっくり今を味わって歩く。


穏やかな時間を肌で感じ・・・自分の呼吸が、風景と同調していくような感覚を感じる。

空と田んぼに広がるように聴こえてくる音は・・・一台のトラクタ-の作業する音・・・

f0362725_14225297.jpg








陽射しは暑いけれど、吹く風が気持ちいい・・・

水筒に入れてきた冷たいお茶で喉を潤す。

空気は夏のもの・・・それを感じながら風と共に過ごす・・・

f0362725_14230059.jpg










広域農道を離れ、真狩村から国道5を西へ、

そして蘭越町から、道道229へスイッチして進む。

単調な道でさえも、このツインと走るととても楽しい。

f0362725_14231320.jpg










全身で風を感じ、走って行く・・・

今だけしか感じられない夏の風を味わう・・・

お盆を過ぎると、季節は秋の匂いに向かっていく。

その時にはきっと、この暑さが懐かしくなる。

いまこの時を、記憶に残したいと思った・・・

f0362725_14232290.jpg










どんな道を走っていても、ツインの鼓動は強く主張している・・・

いつも同じ道だったとしても、移動区間と思わせる道であっても・・・

新鮮に感じるのは、常に存在を感じさせるこの相棒が一緒だからなのかも知れない・・・

道具としてではないもの、アナログなエンジンだけど心地良い。

f0362725_14234060.jpg









走ったり、立ち止まったり、見上げてみたり・・・

空が広いんだなぁ・・・

f0362725_14234721.jpg








そして、また一緒に進んで行く・・・

f0362725_14235802.jpg









磯谷高原に向かうよ。

道道から逸れて緑の濃い舗装林道を進む・・・高度を上げて行く・・・

f0362725_14241886.jpg









うわぁ~ やっぱり気持ちいなぁ~


一年振りに訪ねて来たけれど、高く開けた場所なのに、

吹く風の気持ち良さ、穏やかさ・・・


海は白い雲で覆われていた。

大きな流れのようにその雲が、ゆっくりと川を上ってくる・・・

f0362725_14245702.jpg








ここは、こんな風景が見れるんだぁ~

自然の大きさ、おおらかさ、美しさにただ息をのむ・・・

来て良かったぁ~

f0362725_14244626.jpg

その風景にすっかり魅了され、雲がなくなるまで佇んでいた・・・

こんなふうに過ごせるなんて、とても贅沢だと思った。

ただただ自然と向き合う時間て良いものだね。

眺めている間、丘の草の中を跳ねるように走る野ウサギが可愛かった。

まったりモ-ドになっていたから僕の反応が遅く、写真に撮れなかったけどまた会えるかな。









とても満足したので、下りていくよ。

f0362725_14251547.jpg










海側に出たよ。

ここを右へ向かって、さっき走ってきた道道229へ向かうよ。

本当は・・・岩内まで行って、ニセコパノラマラインを走って帰るつもりでいたんだけど・・・

先ほどの風景が印象的で、もう何もいらない気持ちになってしまった。来た道をまた戻ることにした。

こちらの海沿いはまた時間を作って、ゆっくり走りに来よう。

f0362725_14252205.jpg









道道229・・・

登れそうなところは、ついつい登ってしまう。

f0362725_14253171.jpg










国道5を淡々と進み・・・

f0362725_14253831.jpg










南羊蹄広域農道・・・

夕方が近くなってくると、風が穏やかで気持ち良いのだな。

夏の暑さも、日中の僅かな時間・・・

f0362725_14254911.jpg










透明なネットは枝豆用かな???

その柔らかな光景に、静かな夕方のひとときを感じて・・・一枚

f0362725_14255575.jpg









今日は気持ち良かった・・・

ブログリンクさせて頂いているnmindさんも、いよいよ上陸。

夏の北海道を満喫ですね。


293km  10:30~帰宅は19:00

f0362725_14260489.jpg


にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ  にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ




[PR]
# by den-selen | 2018-07-16 10:00 | モトグッチ | Comments(12)

晴れた日に・・・


       

7/8(日曜日)・・・

予報では雨-曇りだったけど、早朝から青空が広がっていた。

窓を開けると、風の清々しいこと。


実は前日、下の子が「明日はみんなでテニスしたい」。

上の子も、雨でなければいいよと言ってくれていた。


朝8時過ぎ、近くの公園へみんなで行ってみる。

午後から予約が入っていたが、2面あるテニスコ-トのひとつはあいていた。

まだ気温が上がる前・・・青空の下でパコ-ン、パコ-ンと、打球音が心地良く響く。

晴れた日の空の下は、何もかもが気持ちいい。


f0362725_13103842.jpg
iPhone6










早目のお昼をしたのち、洗車を始める。

下の子はお腹がいっぱいになって、シャワ-を浴びたら疲れたのか眠ってしまった。

まだまだ子供だな(^^)

午後から、少しだけ走ってくるよ。

遅い走り出しになるけれど、こんな時こそ敢えてゆっくり準備する。

慌てない、慌てない、急がず、ゆっくり・・・洗車しながら気持ちを整えていく。

f0362725_13104677.jpg
iPhone6









今日のフィルムを入れて準備する。

newF-1は暫く使っていない。

旧F-1がたのしくて、ついついこちらばかり。

フィルムを巻き上げる感触、シャッタ-を押した時の機械音。

f0362725_13105432.jpg
iPhone6










7/9(日曜日)最高気温24℃、最低気温13℃の予報・・・

相棒もカメラも、自分の心も・・・ゆっくり整えてから13:30走りだす。

先週、気になっていた普通林道「五の沢線」へ向かうよ。


とてもあたたかい午後だけど、今日も黒革の上下に、真っ黒のヘルメット。

暑くなったとしても、これからの時間ほんのひと時だ。


昨日土曜は、本当に風が冷たかった・・・たった一日で もう夏の空気。

日々の寒暖差が激しいから、道内を何日も旅するRIDERにはきっと戸惑うばかりかも。

だからこそ たまの青空が、何かのご褒美のように感じて、幸せな気持ちになるんだよね。


道道527、道の上・・・風が気持ちいいよ。

f0362725_13110396.jpg










田の風景も輝いて見える・・・

その上を通る風が、やさしく柔らかく見える・・・ような気がする。

f0362725_13110920.jpg










道道を進んで行くと、赤い建物が目印。

相棒を止めた右手は、そこが林道。

いつも先のコ-ナ-を見て走っていたから、

何年も走っていたのに、まったく気付かなかった細い道・・・

f0362725_13111727.jpg










初めて走る道の、このワクワク感・・・

あっ、この新鮮な感覚・・・初めてモ-タ-サイクルで走った時のあの感覚に似ているかも。

何もかもが初めてに見える景色。初めてMCと走るたのしさ。

知らない道を相棒と一緒に走って行く・・・何とも言えないあの感覚・・・

f0362725_13112335.jpg










ブラインドコ-ナ-も多く道幅も狭いから、走りを楽しむRIDERはきっと来ないだろうし、

皆が皆、知ってる道ではない風景。

ツインの鼓動を感じながら、トコトコ進んで行く。

この探検感が良いね。

f0362725_13112750.jpg










高度を上げて行くと、道が開けて一瞬 海が見えた。

なんだか楽しいぞ!

f0362725_13113201.jpg










更に進んで行くよ。

f0362725_13113753.jpg










木陰の風景は、ひさびさかも。

ちょうど立ち止まった場所が、たまたま・・・

f0362725_13114335.jpg










石狩油田の場所だった。

へぇ~、こんなところにあったりするんだ。

誰にも気付かれないようなその場所に、石碑があった。

f0362725_13114771.jpg










緑が近くていいね。

ずっと舗装だから僕でも走りやすい。

f0362725_13115235.jpg









更に高い場所から、海がまた見えた・・・石狩湾。

石狩新港の向こうに広がるのは、小樽の景色かな。

こんな場所があったんだぁ。

全長6km程の林道だったけど、新鮮な風景もあって来てみて良かった。

こういう道が沢山あるのかと思うと、ちいさいオフ車が欲しくなっちゃうね。

f0362725_13120383.jpg

林道沿いに降りて行くと、道道28に合流していた。

すっかり方向音痴になっていて、その見慣れた景色を前にしても、

自分が何処に居るのか分からなかったくらい(笑)

右に行ったらよいのか、左に行ったらよいのか・・・

暫くに間、何処に向かっていいのやら一人考える時間が、また懐かしくてうれしかった。









道道28に乗って当別ふくろう湖を走る。

辺りにある空気が、とても心地良いんだな。

もう夏じゃないか。

濃い影と、柔らかな緑の陰影、空気の硬さはもう何処にもない・・・

こんな午後のひととき、贅沢な時間・・・

この穏やかな風に、何故かもうすぐ始まる花火大会の空気を思い出してみたり・・・

f0362725_13122683.jpg










相棒を置いて、湖沿いを歩いていく。

いつもの橋は遠くに・・・空と湖の輝きの中ですっかりシルエット。

f0362725_13123242.jpg










あ・・・飛行機雲・・・

空の中でス-っと伸びて行くこのひと筋の美しさに・・・風に流され見えなくなるまで、

その数分間いつも見とれてしまう。

いつからこんなに好きになったのだろう・・・

記憶を辿ってみたが、気付いた時には飛行機雲が既に好きだった。

f0362725_13124559.jpg










湖の輝きを感じながら、空を見ながら・・・

振り向くと相棒は遥か遠くの道の上・・・

走るのも楽しいけれど、道の上を歩くのも心地よい時間。

f0362725_13125364.jpg










さて、ここからは風に乗って海を目指すよ。

道道28から・・・

f0362725_13125964.jpg










道道11へ・・・

f0362725_13130658.jpg










そして今日の終わりに厚田区の駐車場・・・

羽の下につづく道をぼんやり眺めたり・・・

今日の余韻に浸ってみたり・・・

ジドリしてみたり・・・内緒(笑)

f0362725_13134972.jpg









いつものように、のんびり過ごしていたら・・・

MVのRIDERが・・・

この駐車場でRIDERに話しかけられたのは、はじめてかも。

今日の天気のようにお互いすっかりマッタリモ-ドで、のんびりお話し。

僕と同じ年齢だけど、道道11 早朝本気モ-ドのお方のよう。

今度そこで会っても僕を煽らないでくださいね(笑)ははは。

f0362725_13133037.jpg










それにしてものこの造形・・・ハンドルを握って見える風景はどんな感じなのかな。

官能的ともいわれるMVアグスタのマルチが気になります。

走り去る時の音色に聴き惚れました。

いつかまた道の上で、またゆっくりお話ししましょう。

f0362725_13133521.jpg










この駐車場は、何もない駐車場・・・

人が集まる場所でもなく・・・

通過点として皆が通り過ぎる駐車場・・・

だけど・・・

静かに流れる時間を、風に身を任せながらゆったりと時間を過ごせる場所・・・

海と樹と空しかないけれど・・・

f0362725_13141062.jpg










ここで眺める風景はいつも心地よい・・・

どんな絶景よりも、僕にとってはこの何気ない風景が、

とても美しいと感じてしまうんだな・・・

今日は晴れて良かった。

何もかもが気持ち良かった。

f0362725_13141917.jpg










144km   13:30~帰宅は18:30

f0362725_13142983.jpg



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ  にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ




[PR]
# by den-selen | 2018-07-09 22:13 | モトグッチ | Comments(10)