4/29・・・

f0362725_19021021.jpg

国道230中山峠・・・頂上手前のパ-キング









連休の前半一日目は、上の子が作るDIYを、車庫のベンチに腰掛け一日見守っていた。

ゆっくりと会話しながら、すこし大人になった子供と時間を楽しむ・・・車庫ライフ。

3日目は、下の子の部活が久々の休み。小樽水族館と小樽散歩を約束していた。

下の子は、小さな頃から変わらず今も水族館が大好きなのだ。

そして、子供ペ-スで一日ゆっくり歩いて過ごす小樽は、とても穏やかな時が流れる。




そんな連休の・・・中日 2日目の4/29(日曜)家族が作ってくれた時間。

いつもの言葉が後押ししてくれる・・・お父さんの趣味はそれしかないんだから。

早朝から起きて、いつものように気持ちや準備をゆっくり整えていく。

下の子の部活をクルマで送り、9:30走り出す・・・この日の最高気温19℃の予報。




国道230中山峠・・・やっぱり峠はまだ寒いなぁ~

今日は念の為、ヒ-トテックとダウンジャケットを黒革の中に着てきた。

そして道の駅手前の簡素なパ-キングでひと呼吸・・・

このパ-キングは砕石を敷いているだけで、在るのは広がる空と山々、そして此処に渡ってくるのは穏やかな風。

もう少し進めば、人で賑わう道の駅があるのだけれど・・・

ここは、時間も風もゆっくり味わうことが出来る・・・

f0362725_19021838.jpg







峠を下り、喜茂別から道道696。

浄化センタ-の桜はまだ蕾のままだった。桜が咲くのもあともう少しかな。

暫く走って行くと、短い直線路の正面に羊蹄山が大きく見える所がある。

f0362725_19023211.jpg








やっと会えた・・・

大きく、そしてやっぱり美しい・・・

f0362725_19023802.jpg








普通に走っていたら見過ごすような小さな分岐で左折し、南羊蹄広域農道に向かう・・・

立ち止まり・・・振り返ってまたその美しさに・・・

連れて来てくれた相棒と・・・一枚。

f0362725_19024631.jpg









すこし走って・・・

来た道を歩いて戻る・・・そして空を見上げてみる・・・

そう、この感じ・・・

顎を上げ、胸を開いて空を見上げる・・・深呼吸する・・・

ずっとそうしてMCと過ごして来た・・・

目的地は無くてもいい・・・いつもそう思う・・・

この時間が大切だった・・・

f0362725_19025225.jpg







大きな自然を胸に取り込み吸い込んで・・・また走り出す。

尻別岳の麓に向かって、山に擁かれ、そこへ気持ちが飛び込んでいくように・・・

f0362725_19030162.jpg











南羊蹄広域農道・・・

その樹が作る影はあまりにも大きかった・・・

見上げて、樹が感じてきた歴史を想像し、その大きさに立ち止まった。

f0362725_19031396.jpg







広域農道を進む・・・

牧草地はまだ雪の中・・・

f0362725_19031927.jpg







日本の南側は、桜の季節が終わって・・・既に夏に向かっている・・・

ゆっくり、ゆっくりやっと来た季節を味わって行こう・・・

こちらは、ここからシ-ズンが始まる・・・

f0362725_19032848.jpg







走って行くと・・・

通り過ぎてから・・・とても気になり、坂の途中で立ち止まる・・・

f0362725_19035428.jpg








相棒を置いて、来た道を歩いて戻ってみる・・・

歩いていると、微かに瑞々しい流れが聴こえてきた・・・

その音に、春の小さな訪れを感じた・・・

歩かなければ気付かない・・・ささやかな水の音・・・

f0362725_19041029.jpg









歩いて戻ってきた・・・雪の下にある田んぼを眺めて・・・

あともう少しだね・・・そんなことを想った。

f0362725_19041811.jpg









羊蹄山は、その田んぼを大きな懐で包むように、そこにある・・・

f0362725_19042682.jpg








植えられたばかりの・・・小さな小さな苗が・・・淡い緑の絨毯のように柔らかく美しかった・・・

これからゆっくり大きく育っていく。

f0362725_19051832.jpg









そんな気になる風景があると、いつもMCを置いて・・・ゆっくり歩いて戻る。

だから裾がボロボロになってしまうのだが・・・


今の革パンツは、立ち姿で裾が丁度良い長さにしている。

MCに乗って膝を曲げると、相当寸足らずだ・・・かなり格好悪い(汗)

でも、ボロボロになって傷んだ裾は何となく自分が ちゃんとしてないような気がしてた・・・

歩きながら・・・引きずらないのがやっぱり正解だったと、ひとり満足・・・そして一枚。

f0362725_19052808.jpg







そしてまた走り出し・・・自分が心地良いと思う中に佇む・・・

そこに、何があるというわけではないけれども・・・

味わうことが出来るような・・・

それは時間だったり、季節だったり・・・

何を考えるとはなしに、心地よい時間に心身を任せる・・・

何気なくそこにある風に・・・土の匂いと共にただただ癒される・・・

f0362725_19060704.jpg








そんな時間を幸せに思い、浸りながら・・・

空の下で食べるおにぎりは、いつも美味しい・・・僕にとって最高のグルメ。

f0362725_19061420.jpg







ゆっくりお昼を終え・・・広域農道を進む・・・

羊蹄山を背に、広大な農地を耕すトラクタ-が・・・


f0362725_19064735.jpg








地形に逆らず出来た道の風景に立ち止まったり・・・

f0362725_19070442.jpg








すぐ傍にはクルマの往来が多い国道があったり・・・

それは此処からはまるで別世界の時間のように思えたり・・・

悠々と鯉のぼりが舞う家があったり・・・

f0362725_19071243.jpg








そして、この風景を美しいと思ったり・・・

その大変さを実感しないまま、たまに来ては表面だけ見て・・・美しいだの心地よいだのなんて・・・

自分は勝手なもんだと思ってみたり・・・

それでもやっぱり、ここに吹く風に心地よさを感じるのはどうしてなんだろう・・・

と、自問してみたり・・・

f0362725_19072260.jpg







この羊蹄山のすそ野には、人の生活が広がっている・・・

大きく美しいだけではなく、共にある暮らしを感じてる・・・

f0362725_19073199.jpg







南羊蹄を離れ際・・・

大きな羊蹄山を背景に高く舞う一軒の鯉のぼりに、胸を打たれた・・・

健やかにと子を想う気持ちが伝わってきて・・・

もうすぐ5/5は子供の日・・・

f0362725_19073707.jpg









180km 9:30~16:30







帰宅して車庫のホワイトボードを見ると・・・先に部活を終えた下の子が車庫に忍び込んでメッセ-ジ絵・・・

ははは(^^)

子供を想う親のように、実は同じように子供も親を想うんだよね(^^)

今日も無事に帰って来たよ!

f0362725_22070690.jpg


にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ  にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ
[PR]
Commented by ツーチー at 2018-05-02 10:36 x
こんにちは ^^
いやぁ とてもいい景色ですね。
本州にいると、こういう広大な景色に憧れていまいます。
北海道もいよいよシーズンインですね。
これからの季節、オートバイ風を切って走ることを楽しみたいですね。
私もGW中にもう一度くらい走りに出たいものです ^^
Commented by den-selen at 2018-05-02 17:47
> ツーチーさん
こんにちは(^^)いつもお互い いいね!ボタンだけでしたが(笑)
初コメありがとうございます。
走る場所は違っても、ほぼ同じ年齢のRIDERが走って行く中で感じること・・・
いつも楽しみに記事を拝見しています。

この日は、春の始まりをゆっくり噛みしめ、味わいたいと思っていました。
札幌から割と近場の南羊蹄ですが、長時間の滞在中にも関わらず、
出会ったのは、通り過ぎるクルマが一台だけというのんびりした場所です。
すこし走り出すだけで、そこでしか感じない風がいつもありますね。
移動の手段だけではないオ-トバイで走るからこそ、きっと五感で感じられるのかもですね!
ツ-チ-さんもお忙しい中、やっとまた走り出せて良かった!と、
記事を読みながら、なぜかホッとしています(^^)
走らないと呼吸困難になりますよ(笑)
お互い今シ-ズンも、オ-トバイで感じる風と共に、季節の中を旅して行きましょう。
Commented by いち at 2018-05-02 20:56 x
いや~羊蹄山、素晴らしいですね~!これだけ拡大されると迫力ありますね。
カメラの性能も凄そうなんですが、被写体の何処にポイントを持ってくるかは
写真を撮る本人の意思次第なんですよね!

中山峠はと云うか山の向こうは雪が多いでしょう。ルスツ以南は雪が無いのですが
俱知安近郊や羊蹄山の麓は写真で見ると結構な残雪在りますね。
一本の直線の道のピークにバイクを置いて下から見上げる写真が有りましたね~。
好きな構図だけど、これ坂の下まで歩いてますが、イイ絵を撮る行動力は凄い情熱を感じます。
GWの後半はイマイチですが、晴れれば走りたいですね~(笑)
Commented by den-selen at 2018-05-03 07:00
> いちさん
おはようございます。
昨年は雲の中の羊蹄山ばかりで、僕には なかなか姿を見せて貰えませんでしたが、
今シ-ズンは・・・やっと会えたという静かな感動も加わり、
まったりと過ごしながら、とても良い日でした(^^)
やはりこの山は美しく、とても魅かれますね。

中山峠のスキ-場はまだ、滑っている人がいました。
過ぎていく冬の最後を楽しむ人たちと、バイクで国道からそれを見上げて、
春が始まったことを感じる私達と、それぞのGWがあるんだなと、走りながら感じました。
南羊蹄の道は、クルマが走っていることが殆どないので、羊蹄山と田んぼを見ながら、
ゆっくり道の上を歩いて季節を感じることが出来ます。
そんな風に歩いていると気持ち良くて・・・どんどん相棒から遠ざかってしまい(笑)
自然と遠景の写真になってしまいます。
GW後半は雨が多いですが、なんとか晴れ間を見つけて、あと1回は走りたいですね(^^)v
Commented by GEN at 2018-05-06 10:43 x
こんにちは、いや~素晴らしい景色、北海道はやっぱりスケールが違いますね。selenさんの引いたカメラアングルが一層ひきたてていますね。離れて歩く時にパンツの裾上げが気になるところが(^o^)。。
出だしの「家族が作ってくれた時間」から鯉のぼりの写真でうるっときましたが、最後の子供からのメッセージプレゼント! 嬉しいですね! 子供さんにもselenさんに気持ちが伝わっていますね。自分もそんな気持ちを持って出かけないと(汗)
Commented by den-selen at 2018-05-06 18:57
> GENさん
こんにちは(^^)
広島は既に新緑の風の中、とても気持ち良さそうですね。
こちらはまだ雪の残る風景ですが、MCで羊蹄山にご挨拶できると、
じわじわとシ-ズンの始まりの嬉しさが込み上げてきて、
羊蹄山をそこに感じる風景から離れられなくなります。
革パンツ・・・実は、ずっと踵で踏んでボロボロになった裾が気になっていて(^^;
思い切って立ち姿優先にしました!気持ちも裾もすっきり綺麗(笑)

RIDERは待っている人が居るから、
その時間は存分に楽しみ、笑顔と共に無事に帰らないとなりませんね。
走る中で何気ない鯉のぼりにも、見せる為のものではなく、
純粋に願う子供への気持ちが伝わってきて、ますますそう思いました(^^)
Commented by もちっこ at 2018-05-07 10:28 x
真正面に迫ってくる羊蹄山と道、雪景色の中の赤いバイク、
バイクで走ってる時に見える風景と、停まって歩いてる時に見える風景、
何気ない風景に感じる想い。
そして奥様の愛情たっぷりの最高のグルメ♪
そして帰ってきてから見るお子様のかわいいイラスト♪
やっぱりselenさんのブログだ~♪とほっとします。。。
パンツの裾はどれくらいなんだろうと気になりました(笑)
あたしも歩く(登る?)ことが多いので、ライダーシューズの踵がすり減ってきてます。
というより、そろそろ穴が開きだしてます~(;▽;)笑
Commented by den-selen at 2018-05-07 19:35
> もちっこさん
冬期間ずっと札幌市内に居たので、やっとそこを抜け出し峠を越え、
数か月ぶりに出会えたその羊蹄山の大きさと美しさを・・・
その時の感動はなんと言っていいのやら。やっぱり特別な存在の山なのです。
そしてその周りに広がる・・・何気ない風景も常に羊蹄山の存在を感じる懐の中。
そこに今年もまた走って来られたのがとても幸せです。
そしてこの時間を作ってくれる妻や子供たちに、とても感謝です(^^)

私も気になり革パンツの裾・・・MCの跨って膝を曲げ、測ってみました・・・
25cmたくしあがってました(笑)
走ってる時の革パンツは想像以上に寸足らずです(^^;ははは
ツ-リング中のもちっこさんのように、ハ-ドに探検したり歩いたりしませんが、
歩くことと走ることの両立が出来るアイテムが欲しいです(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by den-selen | 2018-05-01 23:36 | モトグッチ | Comments(8)