植田(うえた)の風景・・・


f0362725_14131672.jpg

道道527・・・橋の上












前日の土曜・・・

朝から家族と過ごす時間は穏やかな休日モ-ド。

時間に追われず何気ないことを話したり、家の用事を一緒にしたり、相棒の洗車をしたり・・・日々の疲れを癒す・・・

規則正しくいつものように・・・それがとても心地よく感じる。

普通に過ごせること、それが何より大切なこと。

多くの人には当たり前のことかも知れない・・・僕にとってはずっと憧れていたこと。



日曜日・・・

下の子を部活に送る・・・走り出す前にもう一度確認する。


f0362725_14212429.png
雨雲が、目指す方に日本海から入ってくる・・・

合羽とレイングロ-ブをシ-トバックに入れる。

今日は最高気温25℃、最低気温13℃の予報。

たまに雨の中を走るのも良いかも。



北海道の雨を、あたたかくて気持ち良いと心から感じて走れるのは、一年のうちで何回か・・・

6/3(日曜)9:30走り出す。いつものように・・・









国道275から道道527・・・


橋の上から眺める田んぼは水を張っていた。

ついこの前までは雪の中だった。

これから季節が動き出す・・・秋に向かって季節が始まる。

水田鏡・・・

季節の始まりにしか見れない穏やかな田んぼの風景。

その上を渡ってここに届く風は、やわらかく優しく・・・肌に触れる感触が心地良く・・・

f0362725_14132622.jpg








雨がポツポツと・・・田んぼに輪を描く・・・

いよいよ雨雲が入って来たかな。

f0362725_14133708.jpg




    



国道231、オロロンライン・・・

混雑している道の駅「あいろ-ど厚田」を通り過ぎ、

海が近くなったところで立ち止まる・・・

f0362725_14134551.jpg








ここでいつも立ち止まるのは、心静かにそのうねりに・・・

ただただ時間を忘れるから・・・

波の音だけがそこにあるから・・・

f0362725_14135079.jpg








オロロンラインを北上して・・・浜益から国道451(暑寒国道)へスイッチ。

この季節だけの植田の風景を今日は繋いでいく。



これから陽を浴び、風にたなびく青田の頃になると・・・

この繊細でささやかな始まりの風景は、夏を全身で謳歌する姿へと変わって行く・・・

水を張った風景は・・・今だけ・・・

f0362725_14145042.jpg









国道から逸れて走らせてもらう・・・

田んぼに囲まれた道の上・・・

f0362725_14150380.jpg









自然と向き合いながら、これから長い仕事が始まる・・・

その道の中に居ると、雨も風も同じように感じてみたい・・・そんな気がしてくる。

けっして同じに感じらえる訳ではないのだが。


モ-タ-サイクルで旅する事・・・

そこで感じる事・・・

ただ通り過ぎてしまっていないかい?

すこしだけ寄り添うと、見える風景も変わるかも・・・

そこにはいつも、そこに住む人の姿が見えてくる・・・

f0362725_14151024.jpg








国道451(暑寒国道)を進むよ。

f0362725_14152359.jpg









今だけの植田の風景がここにある・・・

雨は降ったり、止んだり・・・

そんな道の上・・・

f0362725_14153264.jpg








f0362725_14153830.jpg








国道275に向かって進むよ・・・

雨はすっかり止んで、此処で合羽を脱ぐ。

生暖かい・・・そんな風の中・・・

f0362725_14155122.jpg









国道275・・・

f0362725_14160058.jpg









なんだか久しぶりに来たような・・・

特に何があるっていう道ではないんだけど・・・安心するような・・・

僕にとって居心地の良い普通の道・・・

f0362725_14160598.jpg








国道275を道に沿わず、ただただ直進すると道道549に入れる。

ささやかだけど・・・道に黄色い彩を添える菜の花に、とても美しいと感じて立ち止まった。

f0362725_14161647.jpg








そこにある田んぼにカモが・・・

苗を器用によけながら、スイスイと優雅に散歩するように。

その姿が可愛らしく、その時間が優しくて、しばらくカモの姿に見惚れてしまった。

f0362725_14162227.jpg








道道を外れ・・・この風景に心奪われ・・・

f0362725_14163069.jpg








登るよ・・・

f0362725_14165274.jpg











沼田町「萌の丘」・・・

f0362725_14182543.jpg








どの季節に訪ねてもいつもホッとする・・・

f0362725_14183666.jpg









ここの風は、どうしていつも こんなにやわらかいんだろう・・・

f0362725_14184427.jpg








ルピナスは止めちゃったのかな・・・

この丘一面咲き誇るルピナスが綺麗だったのに・・・

昨年から・・・丘の草刈りの やり方変えたみたい・・・

いつまでもあると思っていたけど・・・いつかは無くなってしまうものだね。

だからこそ、今を大切に・・・

この景色とともに・・・いま感じる風と季節と共に・・・

f0362725_14185158.jpg









丘を下りて、さっき眺めていた田んぼの中を走るよ。

f0362725_14190482.jpg








水田鏡・・・

今だけの風景・・・

f0362725_14190946.jpg









走ったり、立ち止まったり、そこにある風を五感で感じたり・・・

ただただここに居る時間が幸せで・・・

時がゆったり流れる・・・

f0362725_14191621.jpg









陽が暮れるまで此処で過ごしてしまいそう・・・

さて、そろそろ帰ろうか・・・

f0362725_14192456.jpg








帰路は国道275・・・

と言っても・・・ぢつは国道は向こうの方。

f0362725_14194637.jpg









農道を繋いで走って行く・・・

f0362725_14195393.jpg








この風景も実りと共に変わって行く・・・

f0362725_14300019.jpg








陽は山の向こうに落ち・・・

それでもまだ暖かく明るい・・・

こんなに陽が高いなんて、なんだか夢のよう・・・

本当はまだまだ走っていたいな・・・

f0362725_14201614.jpg







今日が終わらないで欲しいと思った・・・

とても気持ち良い風の中。

f0362725_14201079.jpg







9:30~帰宅は19:00 298km

f0362725_15011744.jpg



にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ  にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ



[PR]
Commented by いち at 2018-06-05 15:54 x
今年も到達しましたね〜♪萌えの丘から深川盆地を貫き空知の水田を横に見ながら走る。広大な北海道の水田の風景ですね。牧場や畑地だけじゃ無い。
これも北海道の原風景です。
この季節は、苗を植えたばかりなんで大きな池のような感じで、水面がある瞬間、鏡の如く空を映し出す。
これはこれで美しい!

今回のテーマはウネリかなぁ〜。
たまたまそうなったのでしょうけど
あちこち出て来るので気になりました。サブテーマ、裏打ち、裏旋律なーんて、なんと玄人好みの味わい(^。^)
Commented by den-selen at 2018-06-05 19:10
> いちさん
今年もやっぱり到達しました。
一年の中で何回来るんだろうと言うくらい、僕にとって とても心地のよい丘です。
「今回のテーマはウネリかな」
いちさんにご指摘されて初めて自分も気付きました(^^;
そんなふうに見て頂けて、とても新鮮であったりです(^^)

いつもこれといった目的地がないのですが、季節を感じることがサブテ-マかもです。
いつも思うのですが田んぼの季語は季節の流れをとても感じます。
稲の成長と共に季節を映していくように。
田水張る、春田は春の季語・・・
早苗田、五月田、水田鏡は初夏を・・・
青田の夏を過ぎ、秋の田は輝く黄金の景色。
そして穭田の秋を終え、春を待つ冬田の風景・・・
何気なくある風景や風を、少しだけ意識すると走る楽しみ方がまた増えたりですね。
いちさんがバイクで走る日を、そこで感じて写す季節の風景を、待ってますよ!
Commented by offroadforever at 2018-06-05 20:24 x
田植えの始まった水田、雨が降るのか降らないのかはっきりしない空模様。
これは全くもって、本州でも当たり前のようにどこにでもある風景。
そんな風景は私にとって、とても退屈なものでした。

ところがですよ、selenさんの写真やそれに添えられる文章によって、その場所に引き込まれ、
空気を感じ、さらにはselenさんの気持ちを共有し、とても穏やかな気持ちになることができました。

写真とは、画を切り取るのものではなく気持ちを表すもの、と、改めて教えていただきました。
Commented by den-selen at 2018-06-05 21:45
> offroadforeverさん
とてもありがとうございます。
そう感じて貰えてとても嬉しいです。

季語はその季節をとても豊かに感じさせて貰えますね。
日本語って本当に美しいと思います。
季節の中で感じる事、陽射しや影や、自然の中に聞こえる風の音・・・
雨の日も晴れた日も曇り空さえも・・・
その季語が持つ意味は、季節を走り抜けるRIDERの五感と繋がっているような・・・
かもですね。
何気ない時間をとても愛おしいと思ったり、過ぎ行く今を大切に感じて記憶したり。
特別な風景ではないかもかも知れないけれど・・・
人の生活する土地を感じ駆け抜けながら、雨も風も青空も・・・
そんなふうに「走った記憶」を重ねて行きたいですね。
Commented by もちっこ at 2018-06-08 10:39 x
selenさんが走ってきた道、見て感じる風景に、今回も惹きつけられました。
水田鏡。。。この季節ならではの美しさにうっとりします♪
空や木や建物が映り込んだ世界にいつも以上に広がりを感じますね。
そして稲が育ってグリーンが眩しい季節がまたやってくるんだなぁ。
巡る巡る季節にまた出会える事、それを感じられる今があること、嬉しいですよね♪
風景の中にあるバイク、selenさんいつもなにげに結構な距離歩かれてますよね(笑)
Commented by den-selen at 2018-06-08 21:15
> もちっこさん
いつもこれと言った風景がはなく、何気ないものばかリですが、
そう言って頂けると とても嬉しいです(^^)
水田鏡に映る風景は美しいですよね。
この日はあいにくの空模様でしたが、そこに映し出される穏やかな陰影と・・・
田植えが終わったばかりの、そこにある稲の並ぶ様子が、とても美しいと感じました。
そしてその中に居ると・・・
自分の気持ちと同じような、波長があうような・・・そんな風を感じずにはいられません。

「巡る巡る季節にまた出会える事」
何気ない風景も、季節のひと時・・・
また訪ねることが出来た、また出会うことが出来た、今年もまだ僕は走っていられる。
次回訪ねる時は、植田から稲が青々と成長した青田の風景に変わっています。
もちっこさんのおっしゃる通り、そうしながら季節は巡って行きますね。いつもずっと。
田の風景の 歩みも終わりなく、一日一日噛みしめるように季節の中にあります。
僕たちが味わう「今」を感じていられるのは、その中に走っていって居るからこそ、
そこで感じる風の匂いと共にあることが、とても幸せだったりですね。

歩いて撮って、そのアクティブさはもちっこさんには、まだまだ遠く及びません(笑)
しかしこれ以上歩いてしまうと、私の場合は日帰りできなくなってしまうので、
ぎりぎりで楽しんでます(^^)
と、気付いたらまたまた長文返信となってしましました(^^;
記事より長いかも(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by den-selen | 2018-06-04 22:26 | モトグッチ | Comments(6)