<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

写真・・・


高校、大学と写真部だった。

それまでは小学3年から始めた剣道部。

高校では、剣道部と写真部を両立しようと考えたが、それは無理な話しだった。

写真部一本にしよう。自宅の一室を暗室にしてもらった。


いまも現役で使っているカメラとレンズは、付き合いが古い。

「道具は一生ものを・・・」そう考えくれて、そして買って貰って、一生の相棒となった。


高校生だった僕も、もう55才。この特別なカメラと、このレンズと共に・・・

当時最新鋭も、今は既にアナログなこのカメラ・・・

それでもF-1でシャッタ-を押す瞬間は、変わらずやっぱり楽しい。


大学の写真部は毎週、例会があった。時にはOBも例会に参加する。

OBのほとんどがプロとして、今も写真の世界に居る。

学生時代に僕は、自分の限界を知っていたので、違う道へ。


毎週の例会は、その週に撮った ベタ焼きを全員が見て、琴線に触れた一枚に、印を付けることから始まる。

因みに私が べた焼きに付けていたMyマークは「$」


例会は、講堂の一つを借りて行う。

1年生から一人づつ始まって4年生まで、一枚を発表する。

写真を見て、一人づつ感じたままを全員が言葉で伝えていく。

撮影者の思いと、違った反応または同調に、都度都度答えていく。

その一枚までの流れ、気持ち、その瞬間に応えた時に感じたもの。そして全員で掘り下げていく。

きっと現在の写真部は、時代が違うからきっと例会のやり方も、違うのかも知れない。

写真を読み取る視点も変化しているのかもしれない。


撮った人、見る人それぞれ感じたもの、表現の方法、表現するための焼き方。

どうしてその瞬間を撮ったのか、どうしてそこを切り取ったのか・・・そして何を感じたのか。

そうやって撮影者の気持ちとなり、目となり、

そして「撮られる側の風景の気持ち」となる。

フレ-ムに入りきらなかった想いと合わせて感じていく。

特別な絶景ばかりではない、何気なくあるものに、琴線に触れた何気ないものたち・・・その表現。


社会に出てカメラを構える機会が減ると、

それまで日常当たり前だった「風景を切り取る目」が、いつの間にか なくなっていた。

それでもたまに走るツ-リングでは、写真は撮っていたのだが・・・その変化に寂しい気持ちでいた。


モ-タ-サイクルも、カメラで撮ることも、自分の一部なんだなと改めて感じる。

その中で感じる風や、季節を心のままに、これからも一緒に過ごして行きたいと思う。













学生時代のその頃・・・僕がどんな写真を撮っていたかと言うと・・・



道北、興部町の畑で・・・

f0362725_17555000.jpg








道東の網走で・・

f0362725_17555146.jpg


例会では、いつも酷評されていました。

旅のひとコマなんですが・・・


いまと向き合う・・・撮るのではなく、向き合う。

そんな気持ちは変わっていない気がしてます。

が、今も色々と・・・ピント外れてるかもです。




にほんブログ村 バイクブログ バイク写真へ  にほんブログ村 バイクブログ モトグッツィへ







[PR]
by den-selen | 2017-12-18 21:58 | カメラ | Comments(12)